Loading...

【想い・魂・美・祈り】時代を超えて受け継ぐもの

日本の伝統を継承する
宮大工

 四季に恵まれ、折々に花鳥風月を味わうことのできる私たちの国は、世界でも類を見ない美しい国です。しかし、温度や湿度の変化が激しく、地震も多く台風や積雪などの災害も頻発する、世界でも類を見ない厳しい風土の国でもあるのです。木造建築が、この過酷な自然環境で湿気や地震の揺れを吸収、緩和するなど尤も適した建築方法であった事は、出雲大社や四天王寺、さらに日本各地で大切に譲り保存される多くの社寺、そして1300年もの長きに亘り堂々と建ち続ける法隆寺が、その清廉な姿で私たちに教えてくれています。

社寺は日本文化の歴史であり、そして、日本人の心そのものです。

伊勢神宮で20年ごとに御造営されるその匠の技は、今なお宮大工達に伝えられ、社寺建築の技は幾多の時代を通じて、時々の先人達が、どんなにか苦心をして意匠を考え、仕口を練り、連綿と語り継がれたもので、その発達は仏教文化と深い係わりを持ち、奈良時代から平安時代にかけて仏教が国教として政治に利用されるのと軌を一にして、京を中心にに飛躍的に発展を遂げました。

今日、多くの社寺仏閣を拝する時、その威風堂々とした姿に感動し、誇りを感じます。

私たち(株)曉は、社長をはじめ社員全員がこの誇りを誇りとした職人であり、語り継ぎ、培ってきた日本建築の歴史と伝統を継承し、心意気に生きる匠集団です。此れまでに建立された建築物を護り、そして、これから建立される多くの建造物を御造営開花させることを本懐として、先人達の遺訓を顕彰し、伝統の技と匠を後世に伝承えることを使命と心得、弊社は設立されました。

伝統的技術を尊重し、新たなニーズにも的確に、そして迅速に対応する為に技術と経験を生かし、提供することを以ってこれからの社寺建築を牽引するべく、技の研鑽に努め、努力を怠らず、日夜工夫を重ね、日々精進し、社寺建築をリードしてまいります。

どうか、暖かいご支援、お引き立ての程、宜しくお願いお申し上げます。

匠が手掛ける

修理・改築
神社・仏閣の修理・改築には、専門の知識が必要です。私たち『曉』の宮大工はその知識があり、経験豊富な匠集団です。日本の木造建築技術は、世界に誇れるものが多くあり、それらを後世に残していけるよう努めていきます。
耐震補強
耐震補強は外観を崩さずにどう補強するかを設計者や構造計算を行う者と共に縛り合って、揺れに対する材料を壁小屋裏の中に入れる方法で補強を行います。また、固定観念を持たずRC造に木を組み合わせた工事なども行います。
設計・施工
使用する木材は一本一本検品と十分な乾燥期間を経て、木材を使用いたします。
社寺建築の施工には自信があり、昔ながらの伝統を受け継いだ職人が確かな技術や工法にて施工を行っております。

命を吹き込む『宮大工』

宮大工(みやだいく)は、釘・金物等を最小限にとどめて、木と木の接合部・継ぎ手・木組みなどに伝統的な技法を使って神社・仏閣の建立などを行う大工です。その技術、技法は徒弟制度という形で師匠から弟子へ継承されるのが普通で、その技を持つ宮大工は日本全国に数千人いると言われていました。
現在は宮大工もその数を減らし、技を継承する若者も少なくなっています。
古い建物が多く残る京都でも、その伝統と技を支える宮大工はたくさんの智恵と技術を持つ職人として注目されています。

伝統技術の継承者として

私たち(株)曉の業人集団は伝統と格式ある建造物を末永く守り続ける為に自らの技の研鑚とその技を受け継ぐ者たちの育成そして新たな知識や技術の修得を日々心がけています。
また、社寺建築にとどまらず茶室の設計建築、施工等にその技術の応用も行い、伝統美の中に新たな工夫や工法を用いて、いろいろな場面でその技をご提供いたします。
数々の歴史ある建築物に接し、その伝統の技を護り育んできた業人たちの確かな目で、さらに拘泥をもって取り組んでまいります。
建築の形態とその構造、そして美しさや荘厳さ雅さ、さらに歴史と文化を考慮し、その専門性が設計から全般に及ぶ特殊な技術領域に至るまで全て、京都の宮大工の名に恥じぬよう、建築にこだわりを持ち続けその姿を体現してまいります。

宮大工の仕事は木との語らい

「適材適所」は宮大工の仕事から生まれた言葉だと言われています。腐食に強い栗の木は土台に、木目が美しく、強度のある檜や欅は柱になります。社寺建築小平では国産の乾燥材を使います。それは日本の風土で育った木材は日本の厳しい気象条件で最も長持ちするからです。私たちは木を「切り倒す」とは言いません。木は「寝かせ」、建物として生き返ってもらうのです。

施工経歴

現存する伝統ある建物は建立当時それ以上の智恵の技術力を備えていなければ修復はおろか新築もできません。いままでに曉が手掛けた社寺仏閣をご紹介いたします。
平成15年 神奈川県 正光寺 本堂新築工事
平成16年 神奈川県 正光寺 山門新築工事
平成16年 大阪府 本性寺 書院新築工事
平成16年 北海道 西野神社 外陣改修工事
平成17年 栃木県 見性寺 山門新築工事
平成17年 大阪府 本性寺 本堂新築工事
平成17年 京都府 浄福寺 本堂屋根替え工事
平成17年 長野県 浄雲寺 本堂内陣改修工事
平成17年 東京都 降宝神殿 改修工事
平成18年 東京都 安養寺 庫裡客殿新築工事
平成18年 東京都 玄国寺 岩倉具視別邸改修工事
平成18年 東京都 源通寺 本堂屋根替え工事
平成18年 長野県 黒谷不動尊 改修工事
平成19年 東京都 玄国寺 本堂屋根替え工事
平成19年 東京都 玄国寺 客殿屋根替え工事
平成19年 東京都 玄国寺 客殿大玄関改修工事
平成19年 長野県 恭倹寺 本堂屋根替え工事
平成19年 神奈川県 東光院 位牌堂改修工事
平成20年 長野県 恭倹寺 本堂回廊新築工事
平成20年 長野県 恭倹寺 本堂屋根改修工事
平成20年 静岡県 桃源寺 本堂内陣改修工事
平成20年 静岡県 成田山 太子堂新築工事
平成20年 静岡県 成道寺 本堂新築工事
平成20年 静岡県 成道寺 須弥壇工事
平成20年 東京都 玄国寺 六角堂新築工事
平成21年 東京都 西笑院 庫裡客殿新築工事
平成21年 東京都 玄国寺 鐘楼堂新築工事
平成21年 東京都 玄国寺 山門新築工事
平成21年 東京都 玄国寺 外構整備工事
平成21年 長野県 浄雲寺 本堂屋根改修工事
平成21年 東京都 降宝神殿 外陣改修工事
平成21年 東京都 東光院 外陣改修工事
平成21年 長野県 諏訪神社 鉾改修工事
平成22年 東京都 玄国寺 辻塀新築工事
平成22年 東京都 玄国寺 塀及びくぐり門新築工事
平成22年 長野県 浄雲寺 本堂下屋増築工事
平成22年 長野県 浄雲寺 登り高欄及び天井改修工事
平成22年 東京都 天祖神社 鳳輦 曳台新造工事
平成22年 東京都 氷川神社 本殿改修工事
平成22年 東京都 氷川神社 渡り廊下新築工事
平成22年 和歌山県 玉津島神社 本殿屋根改修工事
平成22年 和歌山県 玉津島神社 神輿収納庫新築工事
平成22年 兵庫県 安牟加神社 拝殿屋根改修工事
平成23年 長野県 恭倹寺 宝物殿新築工事
平成23年 長野県 恭倹寺 回廊改修工事
平成23年 奈良県 妙養寺 本堂新築工事
平成24年 奈良県 普光院 本堂全面改修工事
平成24年 奈良県 普光院 下屋増築工事
平成25年 奈良県 常蓮寺 山門新築工事
平成25年 奈良県 常蓮寺 客殿新築工事
平成25年 奈良県 常蓮寺 庫裡増築改修工事
平成25年 奈良県 常蓮寺 本堂縁廻り改修工事
平成25年 京都府 西禅寺 本堂屋根替え工事
平成25年 京都府 西禅寺 庫裡客殿屋根替え工事
平成25年 長野県 有明山神社 大鳥居改修工事
平成25年 神奈川県 正光寺 客殿改修工事
平成25年 京都府 八代荒神社 覆殿新築工事
平成26年 奈良県 金峯神社 大鳥居新設工事
平成27年 東京都 正圓寺 本堂新築工事
平成27年 奈良県 香性寺 本堂新築工事
平成27年 奈良県 香性寺 山門新築工事
平成27年 奈良県 香性寺 須弥壇工事
平成27年 長野県 神宮寺 葬儀場及び庫裡改装工事
平成27年 長野県 四柱神社 招魂殿移築工事
平成27年 埼玉県 休臺寺 須弥壇工事
平成27年 京都府 西禅寺 塀新築工事 外構工事
平成28年 奈良県 春日神社 本殿改修工事
平成28年 長野県 浄心寺 五輪塔新築工事
平成28年 東京都 徳源院 お茶室改修工事
平成28年 東京都 氷川神社 天満宮新築工事
平成28年 京都府 愛宕神社 鐘楼改修工事
◆以下、現在進行中工事(完成予定)
平成29年 奈良県 正福寺 庫裡新築工事
平成29年 奈良県 正福寺 書院新築工事
平成29年 北海道 白麟寺 客殿改修工事
平成30年 奈良県 正福寺 本堂新築工事
平成30年 北海道 白麟寺 本堂新築工事

社寺 ・ 仏閣のことなら安心・丁寧・豊富な実績のある曉へ

社寺 ・ 仏閣の修理 ・ 補修、耐震補強、設計 ・ 施工 ・ 模型のことなら何でもご相談下さい 。 お気軽にお問い合わせ下さい。

TEL:0772-42-7616